私たちはメディアの倫理水準の向上と言論・表現の自由の確保を目指します

お知らせ

「ネット空間における倫理研究会」第2回、第3回研究会を開催
マス倫全国協議会

ネットメディア関係者との意見交換を進める「ネット空間における倫理研究会」の第2回(3月4日)、第3回(4月3日)会合が、新聞協会会議室で開かれた。 初回会合ではSNSの普及などが広がるなか、「メディアの信頼をいかに維持していくべきか」という課題が改めて重要になっているという意見が出された。 この問題への取り組みについて、それぞれ4社ずつ研究員が事例報告した。第2回研究会では、朝日新聞、ヤフー、電通デジタル、NewsPicksが担当。第3回は、共同通信、NHK、TBSテレビ、講談社の研究員が報告、苦情処理への工夫点やSNS発信の活用、利用者の意見を反映させるサイトの運営などの取り組みについて、具体例を交えて報告した。誤ったニュースを掲載した場合のサイトの責任の考え方などについても議論した。 次回も同様のテーマについて事例報告を受け、意見交換を行う。

今後の予定
5月15日(水) 堀部政男先生講演会、囲む会
9月19日(木)、20日(金) 第63回全国大会(高知市開催)

ページトップへ戻る